腰の刀は飾りじゃない!長さ規制に反発した戦国武将・大久保彦左衛門のエピソード

Japaaan

腰の刀は飾りじゃない!長さ規制に反発した戦国武将・大久保彦左衛門のエピソード

古来「飛鳥(ひちょう)尽きて良弓蔵(かく)れ、狡兎(こうと)死して走狗(そうく)煮らる」と言われます。 鳥を狩り尽くしてしまえば、射るための弓は不要となってしまわれ、兎(ウサギ)を狩り尽くしてしまえば、追い立てるための猟犬は不要となって喰われて(煮られて)しまう……まさに戦国乱世の終わりを表す言葉と言えるでしょう。 さて、世の変わり目には変化に適応できず淘汰されてしまう者も少なくありませんが、あく...

「腰の刀は飾りじゃない!長さ規制に反発した戦国武将・大久保彦左衛門のエピソード」のページです。デイリーニュースオンラインは、大久保彦左衛門武士道武士戦国武将カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧