武士が備えるべき「威」とは?戦国武将「鎗中村」新兵衛の不覚と教訓

Japaaan

武士が備えるべき「威」とは?戦国武将「鎗中村」新兵衛の不覚と教訓

古来「運も実力の内」などと言いますが、勝つために利用できるものであれば、何であろうと利用し「自分の実力」とするのが武士というもの。 「武士は犬ともいへ、畜生ともいへ、勝つ事が本にて候」 ※朝倉宗滴『朝倉宗滴話記』より。 【意訳】武士は犬畜生と蔑まれようが、勝たねば生きていけんのだ。 (=そのための武力を提供するのが我々の仕事であり、卑怯だの何だの、とやかく言う連中はその本質を解っておらんのだ)。 実...

「武士が備えるべき「威」とは?戦国武将「鎗中村」新兵衛の不覚と教訓」のページです。デイリーニュースオンラインは、中村新兵衛武士道戦国武将戦国時代カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧