江戸前期に起きた幕府転覆計画。未遂に終わった2つのテロ事件【前編】

Japaaan

江戸前期に起きた幕府転覆計画。未遂に終わった2つのテロ事件【前編】

徳川家康によって開府された江戸幕府は太平の世をもたらした。しかし、徳川将軍家によって押し進められた武断政治(武力を後ろ盾に行う政治)によって、全国では藩の改易や減封が相次ぎ浪人が増加した。 幕府により武士の身分を追われた者たちの中には、打倒徳川を掲げ具体的な行動に出た者たちもあった。今回は、徳川幕府転覆を目的とし実際に計画された2つの事件をご紹介する。 慶安の変(由井正雪の乱) 1651年。家康の意思...

「江戸前期に起きた幕府転覆計画。未遂に終わった2つのテロ事件【前編】」のページです。デイリーニュースオンラインは、慶安の変由井正雪江戸時代カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧