幕末のハイライト・池田屋事件!新選組が討幕派の志士たちを斬ったその真相とは

Japaaan

幕末のハイライト・池田屋事件!新選組が討幕派の志士たちを斬ったその真相とは

元治元(1864)年6月5日、新選組が三条木屋町の池田屋に踏み込み、過激な尊王攘夷派の多くを殺害、捕縛しました。世にいう池田屋事件です。 池田屋に集った浪士たちは、京都大火を計画していたといいます。 そこで松平容保ら佐幕派諸侯を暗殺し、中川宮を幽閉、最終的には孝明天皇を長州に連れ去るというものでした。 新選組はそれに気付き、事前に綿密な情報収集を実施。ついには池田屋に集結すること掴み、見事に浪士たちを一...

「幕末のハイライト・池田屋事件!新選組が討幕派の志士たちを斬ったその真相とは」のページです。デイリーニュースオンラインは、幕末、江戸時代、人物、新選組、池田屋事件、土方歳三、沖田総司、桂小五郎、会津藩、長州藩カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧