TBS「クレイジージャニー」復活の低視聴率が示す“ヤラセ”の代償

アサ芸プラス

TBS「クレイジージャニー」復活の低視聴率が示す“ヤラセ”の代償

紀行バラエティー「クレイジージャーニー」(TBS系)の特番が5月19日に放送され、世帯平均視聴率が7.8%(関東地区)だったことがビデオリサーチの調べで分かった。 同番組は2019年9月に“不適切な演出”が発覚し、放送を終了。今回の特番は1年8カ月ぶりの放送だった。 番組冒頭では「視聴者の皆さまに、ご心配をおかけしたクレイジージャーニーですが、温かいご声援を受け、心機一転、ジャーニーたちの新たな旅をお届けできる...

「TBS「クレイジージャニー」復活の低視聴率が示す“ヤラセ”の代償」のページです。デイリーニュースオンラインは、クレイジージャーニー松本人志TBSヤラセツイッターエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧