進次郎大臣、コロナ禍の「高額個室入院」を批判されるも今度ばかりは同情の声も

Asagei Biz

進次郎大臣、コロナ禍の「高額個室入院」を批判されるも今度ばかりは同情の声も
進次郎大臣、コロナ禍の「高額個室入院」を批判されるも今度ばかりは同情の声も

今月10日に発熱と腰痛を発症、虫垂炎と診断され、手術後入院していた小泉進次郎環境相(40)が23日、都内で開かれた「いっしょに考える『福島、その先の環境へ。』対話フォーラム」に出席。集会で小泉氏は、福島県内の放射線の除染によって除去された土壌の、県外での最終処分や、環境再生事業について活動を強化する方針を示した。 とはいえ、20日に退院したばかりとあって、声がかすれ、「先週、虫垂炎の手術をした関係で、...

「進次郎大臣、コロナ禍の「高額個室入院」を批判されるも今度ばかりは同情の声も」のページです。デイリーニュースオンラインは、コロナ禍リモートワーク放射線小泉進次郎自民党社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧