医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<プール熱>発熱、咽頭痛、結膜炎‥‥大人もかかる夏の感染症

アサ芸プラス

医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<プール熱>発熱、咽頭痛、結膜炎‥‥大人もかかる夏の感染症

依然猛威を振るう新型コロナウイルスだが、感染症はこれだけにとどまらない。特に夏の時期に増えるのが「咽頭結膜熱」だ。通称「プール熱」と呼ばれ、名前をご存じの方も多いだろう。 これはアデノウイルスというウイルスが原因で発症する。感染力が非常に強く、潜伏期間は5~7日。他のウイルスと比べて潜伏期間はやや長いため、気づかないうちに周囲にうつしてしまうケースも多い。 一般的に子供に多く発症すると思われがち...

「医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<プール熱>発熱、咽頭痛、結膜炎‥‥大人もかかる夏の感染症」のページです。デイリーニュースオンラインは、田幸和歌子診察室のツボプール熱感染症プール社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧