「少年よ、大志を抱け!」のクラーク博士、帰国後は事業パートナーに逃げられ会社は破産していた!?

Japaaan

「少年よ、大志を抱け!」のクラーク博士、帰国後は事業パートナーに逃げられ会社は破産していた!?

明治時代の日本が近代化を推し進める上で多くの欧米人から協力を得てきました。日本で偉大な業績を残してきた外国人たちは、帰国後、どんな一生をたどったのでしょう。 今回は、当時の開拓地北海道で、日本の農業教育に大きな影響を与えたウィリアム・スミス・クラーク博士の人生について見てみましょう。 クラーク博士について クラーク博士 アメリカ・マサチューセッツ農科大学の初代学長クラーク博士は、1876(明治9)年、...

「「少年よ、大志を抱け!」のクラーク博士、帰国後は事業パートナーに逃げられ会社は破産していた!?」のページです。デイリーニュースオンラインは、クラーク博士明治時代日本の農業カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧