明石家さんま、「全裸監督」出演女優から“犯罪者呼ばわり”騒動の「純情真相」

アサ芸プラス

明石家さんま、「全裸監督」出演女優から“犯罪者呼ばわり”騒動の「純情真相」

女優の恒松祐里が8月17日に放送された「踊る!さんま御殿!!」(日本テレビ系)に出演。番組MCの明石家さんまを犯罪者扱いする一幕が見られた。 恒松とさんまは13年に一度解散したFUNKY MONKEY BΛBY’S(当時はFUNKY MONKEY BABYS)が、その13年にリリースしたラストシングル「ありがとう」のミュージックビデオにて共演。さんまは教師役を演じ、恒松は生徒役で出演しており、当時の恒松は14歳だった。 そんな共演歴がある2人...

「明石家さんま、「全裸監督」出演女優から“犯罪者呼ばわり”騒動の「純情真相」」のページです。デイリーニュースオンラインは、ヤングタウン土曜日恒松祐里ネットフリックス27時間テレビ明石家さんまエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧