セ・リーグ新人王争い、巨人番記者の流動票でヤクルト奥川が急浮上!?

アサ芸プラス

セ・リーグ新人王争い、巨人番記者の流動票でヤクルト奥川が急浮上!?

プロ野球の21年シーズンが佳境を迎える中、セ・リーグの新人王争いが混迷を極めている。選考資格を持つスポーツ紙記者が悩ましい現状を明かす。「今年は新人離れしたルーキ大豊作の年です。10月10日時点(以下同)で脅威の防御率0.39、新人歴代2位タイの31セーブ目を上げた広島・栗林良吏(25)、62年ぶりに球団新人安打記録を塗り替えた横浜・牧秀悟(23)、59打席連続ノーヒットのセ・リーグワースト記録を塗り替えながら、前...

「セ・リーグ新人王争い、巨人番記者の流動票でヤクルト奥川が急浮上!?」のページです。デイリーニュースオンラインは、奥川恭伸セ・リーグ巨人プロ野球ヤクルトエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧