シノケングループが、カーボンニュートラルな社会への貢献として「J-クレジット制度」を活用して全社用車から1年間に排出されたCO2量を“実質ゼロ化(オフセット)”

バリュープレス

政府が掲げる「2050年カーボンニュートラル」、「2030年度の温室効果ガスを46パーセント削減(2013年度比)」実現へ向けた貢献の一環として、グループ全体で所有している社用車全144台から1年間に排出されたCO2量にあたる 324トン*を、「J-クレジット制度」を活用して実質ゼロ化(オフセット)しました。今後もこの取り組みを継続するとともに、2020年から開始した社用車の電気自動車(EV)導入推進のほか、本社を含めたグルー...

「シノケングループが、カーボンニュートラルな社会への貢献として「J-クレジット制度」を活用して全社用車から1年間に排出されたCO2量を“実質ゼロ化(オフセット)”」のページです。デイリーニュースオンラインは、ネットなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧