エロが過ぎるぞ北斎先生!あの国宝級の春画「蛸と海女」のまぐわいを現代語訳したらエロが渋滞してた

Japaaan

エロが過ぎるぞ北斎先生!あの国宝級の春画「蛸と海女」のまぐわいを現代語訳したらエロが渋滞してた

葛飾北斎の春画であまりにも有名な作品は大蛸に海女が襲われている「喜能会乃故真通(きのえのこまつ)」(1814年)第三冊めの蛸と海女でしょう。 蛸と海女 寛政の改革で下火になった春画をこの絵で一気に盛り返し、歌川派が台頭するまでの間は北斎派が席巻したといいます。 さて、見た目のインパクトで絵ばかりが注目されますが、この大蛸が一体何を話しているのか、気になりませんか?春画は余白に「書き入れ」という台詞が...

「エロが過ぎるぞ北斎先生!あの国宝級の春画「蛸と海女」のまぐわいを現代語訳したらエロが渋滞してた」のページです。デイリーニュースオンラインは、春画葛飾北斎カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧