1日で30人相手する日も…異国に売られていった日本人少女たち「からゆきさん」の売春の実態【後編】

Japaaan

1日で30人相手する日も…異国に売られていった日本人少女たち「からゆきさん」の売春の実態【後編】

Japaaan読者の皆さんこんにちは。ライターの小山桜子です。今回は19世紀後半、主に長崎や熊本から東アジア・東南アジアに渡って働いた日本人娼婦「からゆきさん」の悲しい歴史について前編に引き続きご紹介します。 前編の記事はこちら 10歳以下の幼い子も…異国に売られていった日本人少女たち「からゆきさん」の売春の実態【前編】 からゆきさんの隆盛と闇 こうして日本人女性の海外渡航は明治末期にその最盛期をむかえま...

「1日で30人相手する日も…異国に売られていった日本人少女たち「からゆきさん」の売春の実態【後編】」のページです。デイリーニュースオンラインは、唐人行からゆきさん明治時代江戸時代カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧