「鎌倉殿の13人」刻々と近づく1月27日。『吾妻鏡』をたどり、第44回放送「審判の日」を予習

Japaaan

「鎌倉殿の13人」刻々と近づく1月27日。『吾妻鏡』をたどり、第44回放送「審判の日」を予習

源実朝(演:柿澤勇人)の養子発言により、朝廷から頼仁親王(よりひとしんのう。後鳥羽上皇の皇子)を迎える話が進む鎌倉。 鎌倉殿を継ぐため修行から戻った公暁(演:寛一郎)は納得が行きません。しかも乳父の三浦義村(演:山本耕史)にそそのかされて実朝への復讐を企むことに。 NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第44回放送は「審判の日」。来る建保7年(1219年)1月27日に向けたそれぞれの足取りを、鎌倉幕府の公式記録『吾...

「「鎌倉殿の13人」刻々と近づく1月27日。『吾妻鏡』をたどり、第44回放送「審判の日」を予習」のページです。デイリーニュースオンラインは、頼仁親王三浦光村公暁源頼茂北条泰時カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧