2700年前の翼をもつアッシリアの神の像がイラクで発掘される

カラパイア

2700年前の翼をもつアッシリアの神の像がイラクで発掘される
2700年前の翼をもつアッシリアの神の像がイラクで発掘される

[画像を見る] イラクの古代都市コルサバードで、2700年前の見事な古代アッシリアのラマッス像が再発掘され、話題になっている。 ラマッス像は、アッシリアの守護神を表したもので、人間の頭、雄牛かライオンの体、鳥の翼を持つ姿で描かれる。 今回掘り起こされたアラバスター(雪花石膏)製の像は高さ3.8m、幅3.9m、重さ18トンという巨大なものだ。・埋められて保護されてきたアッシリアの工芸品ラマッス像 精巧なこのアッ...

「2700年前の翼をもつアッシリアの神の像がイラクで発掘される」のページです。デイリーニュースオンラインは、カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧