春夏秋冬を唄った童謡でわかる日本の風習のルーツとは

新刊JP

春夏秋冬を唄った童謡でわかる日本の風習のルーツとは
春夏秋冬を唄った童謡でわかる日本の風習のルーツとは

春の桃の節句や夏の七夕など、日本には季節の行事や祭りが多くある。そして、この行事や文化に関係する童謡や唱歌で日本の春夏秋冬を感じることができる。 「年の始めのためしとて…」の「一月一日」や「あかりをつけましょぼんぼりに…」の「うれしいひなまつり」といった歌の歌詞から、その季節の行事に隠された願いやルーツを紹介するのが、『歳時記を唄った童謡の謎: こんなに深い意味だった』(合田道人著、笠間書院刊)だ...

「春夏秋冬を唄った童謡でわかる日本の風習のルーツとは」のページです。デイリーニュースオンラインは、カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧