最強家臣団「徳川十六将」の知られざる実像

新刊JP

『徳川十六将 伝説と実態』(菊地浩之著、KADOKAWA刊)
『徳川十六将 伝説と実態』(菊地浩之著、KADOKAWA刊)

2023年の大河ドラマ『どうする家康』でも話題となった徳川家康には、最強家臣団がいた。側近として家康に仕えた酒井忠次・本多忠勝・榊原康政・井伊直政の四天王。さらに、服部半蔵・渡辺守綱など12人を加えた部将たちは「徳川十六将」と呼ばれていたが、彼らはいったいどのような人物だったのだろうか。 ◾️最強家臣団「徳川十六将」とは 『徳川十六将 伝説と実態』(菊地浩之著、KADOKAWA刊)では、「徳川十六将」の武将た...

「最強家臣団「徳川十六将」の知られざる実像」のページです。デイリーニュースオンラインは、カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧