日本・アメリカ・イタリアの共同研究で中性子星より重くブラックホールより軽い謎の天体を発見

カラパイア

日本・アメリカ・イタリアの共同研究で中性子星より重くブラックホールより軽い謎の天体を発見
日本・アメリカ・イタリアの共同研究で中性子星より重くブラックホールより軽い謎の天体を発見

[画像を見る]image credit:LIGO-India/Soheb Mandhai 日本のKAGRA、米国のLIGO、イタリアのVIRGO、この重力波検出器のトリオによって、中性子星より重いが、ブラックホールよりは軽い、謎の天体が発見されたそうだ。 トリオがとらえたのは、地球から6億5000万光年先で起きた2つの天体の合体によって生じた重力波だ。 その分析からは片方は中性子星であることが判明したが、もう片方の質量は中性子星とブラックホールの中間...

「日本・アメリカ・イタリアの共同研究で中性子星より重くブラックホールより軽い謎の天体を発見」のページです。デイリーニュースオンラインは、カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
ページの先頭へ戻る