種の違うイルカの赤ちゃんと一緒に泳いでいたピンク色のイルカを発見

カラパイア

種の違うイルカの赤ちゃんと一緒に泳いでいたピンク色のイルカを発見
種の違うイルカの赤ちゃんと一緒に泳いでいたピンク色のイルカを発見

[画像を見る] 絶滅の心配がある希少なイルカの子が、これまで絶滅が危惧されている珍しい別の種のイルカと一緒に泳ぐ姿がカンボジアで目撃された。 一緒に泳いでいたのは、成長すると全身ピンクあるいはピンクと灰色のまだら模様になるシナウスイロイルカの成獣と、カワゴンドウの赤ちゃんだ。 シロナウスイロイルカは鼻が長いのが特徴だが、カワゴンドウは頭が丸くのっぺりしているのでその姿は似ても似つかない。 彼ら...

「種の違うイルカの赤ちゃんと一緒に泳いでいたピンク色のイルカを発見」のページです。デイリーニュースオンラインは、社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
ページの先頭へ戻る