高部あいが“全面自供”でついに「芸能界ルート」解明秒読み! (2/2ページ)

アサ芸プラス

B氏はお気に入りのミュージシャンやモデル、タレントを都内の隠れが的なバーに呼んでは連夜の乱痴気騒ぎを繰り広げ、一部では違法薬物を使用したハレンチなパーティを開催しているともささやかれてきた、いわくつきの人物だ。

「B氏はAのほか、紅白の常連だった人気歌手Cや、かつて大麻使用疑惑が噂された女優D、奇行が目撃されたことがある歌手Eなどとも愛欲関係が取りざたされたことがあった。また、高部容疑者が一時期つきあっていたというアーティストのFをかわいがっていたという話があり、業界内でも関心が高まっています」(前出・芸能プロマネージャー)

 さらに、高部容疑者の逮捕で注目を集めているのが、驚くことに某プロ野球関係者だという。

「高部容疑者は、六本木や西麻布などのクラブにもよく出没していましたが、そこで遊び人として鳴らしていたのが某球団の大物OBの息子Gです。このGは学生時代から、父親名義のプラチナカードを片手に豪遊しており、芸能人のタニマチのようなことをしていました。高部容疑者とも親交が深かったほか、プレイボーイで鳴らすイケメン俳優のHや行きつけのクラブが一緒だった歌手I、現役男性アイドルJなどともつきあいがあったそうです」(飲食店関係者)

 このGは、若いのにやたらと羽振りがいいということで、暴力団関係者や半グレ集団などからも重宝されていたようで、当局も関心を示しているという。

 捜査関係者が語る。

「高部容疑者は取り調べに対し、当初はショックのあまり泣きっぱなしだったのですが、落ち着きを取り戻すと、薬物ルートに関して口を開いているというんです。薬物ばかりか枕営業など、芸能界の闇に関してまでしゃべっていると‥‥」

 高部容疑者の逮捕は今後さらに芸能界に大きな波紋を広げそうだ。

「高部あいが“全面自供”でついに「芸能界ルート」解明秒読み!」のページです。デイリーニュースオンラインは、週刊アサヒ芸能 2015年 11/26号高部あい全日本国民的美少女コンテストエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧