中国人が『そうだ難民しよう!』反対騒動を猛批判「本当のレイシストはどっち?」

デイリーニュースオンライン

騒動となった、はすみとしこ著『そうだ難民しよう!』を中国人はどう見るのか (C)孫向文/大洋図書
騒動となった、はすみとしこ著『そうだ難民しよう!』を中国人はどう見るのか (C)孫向文/大洋図書

 こんにちは、中国人漫画家の孫向文です。2015年12月19日、はすみとしこ著「そうだ難民しよう!はすみとしこの世界」(青林堂刊)という作品が発売されました。内容は中東難民問題、在日外国人問題、安保反対団体の行動などを、イラストを使用し風刺したもので、現在大きな話題を呼んでいます。

民主党の有田芳生参議院議員らが差別本と糾弾

 この作品が出版されたことを受け、民主党の有田芳生参議院議員らが異議を唱え、同月21日、参議院議員会館内で、「のりこえねっと」ら反差別主義を掲げる団体が共同で記者会見を開き、出版中止を申し出たのです。

 記者会見では、この作品は「差別を商業主義と結びつける卑劣な行為」と断定されましたが、実際に「そうだ難民しよう~」に目を通してみると、在日コリアンに対する特権、安保反対団体の活動に対する矛盾点が赤裸裸に描かれているものの、これらは事実として存在する問題であり、決して誇張、捏造されたものでありません。

 タイトルにもなっている中東難民に対する表現ですが、あれは生活保護目的の「偽装難民」を風刺したものだったのです。僕自身は、この作品は表現の一種として許容される範囲だと思うのですが、有田議員ら反対派は差別本と決めつけています。

「平和主義」を掲げる日本国憲法9条を絶対視する彼らですが、憲法には「表現、出版の自由」を認める21条も存在するのです。反対派の行為は、21条で禁止されている「検閲」にあたるものではないでしょうか。さらに「そうだ難民しよう~」の内容を見てみると、在日外国人の犯罪行為は風刺していますが、肌の色など人種的な差別を煽る表現は決して描かれていません。国籍に関わらず個人の犯罪行為を糾弾するのは当然のことだと思うのですが、在日外国人に対する批判を人種差別に結びつける反対派の思考こそ、僕は差別的だと思います。

 日本に定住後、僕は多くの在日中国人たちと交流を持つようになったのですが、その中に日本で人種差別的な行為を受けたと主張する人物は一人もいません。僕自身、以前はアメリカ、ミャンマー、ブラジルなど、様々な国籍の人物が暮らすゲストハウスに住んでいたのですが、彼らは全員親日的な感情を持っていました。つまり日本は人種差別的な感情が極めて薄い国なのです。

本物のレイシストはどちらなのか?

 最近では在日外国人問題や移民受け入れに反対する保守的な層を、主に左派的な思考を持つ層が「レイシスト」(差別主義者)と呼び、非難する例が頻発しています。ですが保守層の意見を聞くと「そうだ難民しよう~」の内容と同じく、彼らはあくまでも在日外国人たちの犯罪行為を非難しているのであり、人種差別を行っているのではありません。

 現在「レイシスト」という言葉は、左派層が保守層を批判するための道具として、意味が拡大解釈され都合よく使われているように感じます。「差別主義反対」という美辞麗句を掲げる左派層ですが、日の丸や君が代を掲揚することを否定し、在日外国人問題に対するヘイトスピーチの内容を調べもせず、「ヘイト豚死ね!」、「Fuck!愛国心」などと暴言を吐きながらデモ活動を行う彼らの行為こそ、自身が反対する「差別」や「偏見」に当たるものではないでしょうか。

 日本では、外国人問題に対する意見をあからさまに訴えることを敬遠する風潮があります。そういった意味で今回「そうだ難民しよう~」が発売されたことは、日本の表現・言論に対する風潮に一石を投じたといえるでしょう。

 自らが違和感を持った問題には「おかしい」と述べ、正しいと感じたことは「当たり前だ」と主張する。このような行為が日本の社会である程度忌憚なく行われ、多くの人々が外国人問題に正面から目を向けるようになれば、本当の意味で日本の「レイシズム」は消滅するかもしれません。

著者プロフィール

漫画家

孫向文

中華人民共和国浙江省杭州出身、漢族の31歳。20代半ばで中国の漫画賞を受賞し、プロ漫画家に。その傍ら、独学で日本語を学び、日本の某漫画誌の新人賞も受賞する。近著に『中国のもっとヤバい正体』(大洋図書)

(構成/亀谷哲弘)

「中国人が『そうだ難民しよう!』反対騒動を猛批判「本当のレイシストはどっち?」」のページです。デイリーニュースオンラインは、政治マスコミ中国連載などの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧