ウッチャンナンチャンやナインティナインも!? 芸能界「犬猿の仲コンビ」実名暴露

日刊大衆

ウッチャンナンチャンやナインティナインも!? 芸能界「犬猿の仲コンビ」実名暴露

「お前と俺で天下を獲ろう!」 そう誓ってスターへの階段を駆け上った2人はいつからか話もしないし、目も見ない!

 サンドウィッチマンおぎやはぎ博多華丸・大吉オードリー……テレビで見ない日がない“人気芸人”たちだが、彼らに共通するのは「コンビ仲」がバツグンに良いこと。「現在のテレビ界において、芸人に求められるのは、とがった笑いより“好感度”。コンビ仲が良いと“優しい”“性格がいい”といったポジティブなイメージが抱かれやすく、好感度が高くなる。主婦やママ世代、ファミリー向けの番組に、コンビで起用されやすくなるんです」(芸能ジャーナリストの渡邊孝浩氏)

 だが、本心は偽れない。相方を嫌う芸人が多数、存在しているというのだ。芸能界「犬猿の仲コンビ」を実名暴露する!

 まずは意外なところで、ナインティナイン。「2010年に岡村隆史が心身のバランスを崩し、仕事を5か月休んだ際、矢部浩之は一人でレギュラー番組を守り、岡村の戻ってくる場所を守りました。これで2人の絆は深まったはず……ですが、最近は番組内でしか会話がないようです。14年に、矢部が20年間以上も続けてきたラジオ番組『ナインティナインのオールナイトニッポン』を辞めたいと言い、一人、番組を降板。以降、『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』として岡村一人での放送が続いていますが、これが、2人の関係を決定的に悪化させたというんです」(芸能記者)

 矢部が『オールナイトニッポン』を辞めた理由は、今もハッキリしないが、「13年に、元TBSアナの青木裕子と結婚し、14年に長男が生まれたのが大きな理由でしょう。子どもを溺愛する矢部は、子どもに合わせた生活サイクルを重視し、開始から20年目を節目に、深夜の生放送を卒業することにしたようです。今も独身の岡村にしたら、“勝手すぎるやろ!”が本音でしょう。そもそも、10年に岡村が体調を崩したのは、矢部の“岡村依存な仕事ぶり”から来るプレッシャーが原因とも言われています。岡村の怒りも理解はできます」(前同)

 現在は、番組以外では会話もなければ、目を合わすこともほとんどなく、解散説も噂され始めている。

 ウッチャンナンチャンも実は同じような状況とか。「今や共演は『ザ・イロモネア』(TBS系)など、数本の特番だけで、年に5回もあればいいほう。2人をMCに起用した番組企画を事務所に持ち込んでも、断られるといいます。内村は、今も『LIFE~人生に捧げるコント~』(NHK)でコントを続けているように、お笑いに底なしの愛がある。一方の南原の関心の対象はスポーツ、狂言など、お笑い以外のジャンル。コンビでいる必要性がないんです」(前同)

■ホンジャマカやアンジャッシュも微妙

 コンビでの姿を見ないのは、恵俊彰石塚英彦ホンジャマカも同様だ。「16年10月、『ダウンタウンなう』(TBS系)に出演した恵は“(楽屋で2人きりになる際は)間に誰か、いてくれないと”“明日から一緒に番組をっていう感じでは……”と、石塚との微妙な関係を認めていました」(テレビ誌記者)

 他方、アンジャッシュの2人には、こんな話がある。「渡部建が準レギュラーで出演する『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)の裏番組のドラマに、相方の児嶋一哉が、渡部に黙って出演。また児島は、自身の結婚式に渡部を呼びませんでした。ただ、これらは悪気があってというより、児島の天然ボケによるところが大きいようです。しかし、そうした常識に欠ける部分に、渡部はイライラしまくり。番組でケンカのような言い合いになることも多い2人ですが、渡部は“本気でムカついている”と話しています」(民放局スタッフ)

 他方で“コンビ格差”が不仲の原因とされるのは、光浦靖子大久保佳代子オアシズ、03年のM-1王者である後藤輝基岩尾望フットボールアワーだ。「オアシズは、かつて光浦が圧倒的に売れていたものの、今は逆転。大久保が、光浦と半同棲中の男を寝取ったことも、20年以上前の話とはいえ、わだかまりがないといえば嘘でしょう。フットはコンビ格差が開く一方。後藤の番組に岩尾がバーターで呼ばれても、散々ハゲをイジられるだけ。これで仲良くしろというのも気の毒です」(放送作家)

 人目もはばからず番組中に大喧嘩をしたのは、品川庄司オリエンタルラジオ。「少し前の話ですが、ともに急速に人気を得てブレイクし、その後、仕事が減ってきた時期のラジオ番組でのこと。きっかけは些細な話ですが、不安もあって、互いにピリピリとしていたんでしょう。品川祐庄司智春をボコボコ殴る音、オリラジの2人が言い合って揉み合う音が、生放送で全国に放送されたのは今や“伝説”です」(フリーライター)

■M-1王者アンタッチャブルの山崎弘也と柴田英嗣の漫才をまた見たいが

 片方の不祥事がきっかけで、関係が修復不能になったケースもある。アンタッチャブル山崎弘也柴田英嗣がそうで、「女性問題が警察沙汰となったことで、所属事務所は10年1月から約1年間、柴田の活動を休止。1年後に活動を再開しましたが、以来、コンビで仕事は一度もナシ。柴田は07年にも体調不良を理由に、3か月ほど仕事を休みましたが、これも実は女性問題が原因。懲りずに同じ過ちを繰り返し、周囲に迷惑をかける柴田に“やってられん”と、山崎が三行半を突きつけた形です」(事務所スタッフ)

 審査員満場一致でM-1王者に輝いた、圧倒的手腕と才能の2人の漫才。「また見たい」と熱望するファンは多いが、その日が来る気配はまだまだなさそうだ。

 “不祥事不和”となったコンビは他にもいるようで、「昨年6月、10月と立て続けに自動車で事故を起こして謹慎処分を受けたのは、インパルス堤下敦。相方の板倉俊之が孤軍奮闘していますが、“第2のアンタッチャブル”になりそう。また、16年末、運転する車が接触事故を起こし、ひき逃げ容疑で書類送検されたNON STYLEの井上裕介のチャラついた性格を、相方の石田明は本気で嫌っていますね」(前同)

 とはいえ、芸人は「仲が悪いほど面白くなる」という説もある。「ギスギスしたプライベートの関係が、舞台上での緊張感になる。そして、そのときの互いのリアルな感情がネタにぶつけられ、面白くなるというのは、確かにあるでしょう」(お笑い評論家のラリー遠田氏)

 かつての“やすきよ”は、その典型。むろん、中には「整いました!」の“即興なぞかけ”でブレイクしたねづっち、木曽さんちゅうのWコロンのように、不仲で本当に解散してしまうコンビもいるが、「品川庄司もそうですし、南海キャンディーズ山里亮太さんと、しずちゃんもそうですが、不仲の時期を経て、好き嫌いを乗り越え、パートナーとして関係が成熟してくるケースも多いですよね。オリラジも、藤森さんがチャラ男でブレイクして、中田さんが、藤森さんの面白さを認めて、今の関係があります。不仲である時期は、相方の良さに気づくためのチャンスとも言えるのでは?」(前同)

 ならば、不仲、犬猿の仲と言われているうちは、まだ芸人として伸びしろがあるということ。次の「お笑いBIG3」「ポスト紳助」は、この中から出るか!?

「ウッチャンナンチャンやナインティナインも!? 芸能界「犬猿の仲コンビ」実名暴露」のページです。デイリーニュースオンラインは、ナイナイアンタッチャブル内村光良渡部建アンジャッシュエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧