妻夫木聡、親友の“嵐・櫻井翔”に明かした黒歴史

日刊大衆

妻夫木聡、親友の“嵐・櫻井翔”に明かした黒歴史

 俳優の妻夫木聡(37)がバラエティ番組にあまり出なくなった“きっかけ”を明かし、櫻井翔(36)を驚かせた。

 この発言が出たのは、12月6日放送の『櫻井&有吉THE夜会』(TBS系)でのこと。今回の放送は、櫻井が仲間と酒を酌み交わしてふだん聞けない本音を引き出す、“サシ飲み”企画の第3弾で、櫻井が親友だという妻夫木が登場した。

 妻夫木との関係をスタッフに問われると、櫻井は初出演のドラマ『天国に一番近い男・教師編』(同局系)の台本の読み合わせが最初の出会いで、隣の席に座っていたのが妻夫木だったという。続けて櫻井は「もともと妻夫木の存在を認識していて、“やっべぇ本物だ”と思って自分から声をかけた、一番最初の芸能界の友達」「18歳の頃から、およそ20年のつきあい」だと、妻夫木について語った。

 久しぶりのサシ飲みで出会った頃の話で盛り上がっていると、櫻井が妻夫木に「こういう(ふだんの)感じってテレビで見ない。それって、あまり見せないようにしてるの?」と質問。すると、妻夫木は「全然そんなことない」と、即否定。そして、藤井隆(46)がMCを務めていた『マシューTV(Matthew’s Best Hit TV)』(テレビ朝日系)に出たとき、「俺、やりすぎちゃったみたいで、すごく事務所に怒られて」と告白。そのことをきっかけに、妻夫木は所属事務所に「おまえはバラエティに出ちゃいけない人間だ」と、バラエティ番組の出演をさせてもらえなかったと説明した。

 この告白に妻夫木ファンは敏感に反応。ツイッター上では「マシューめちゃめちゃ覚えてる笑。股間にバット挟まれて喜んだりしてたよね」「藤井隆と2人で“オイオイオーイ”とか言いながらハッチャケてた!」などと、当時のハメを外していた妻夫木を思い出して盛り上がっていた。

 続けて、妻夫木は「(バラエティ番組は)どうしていいか分からない。特に櫻井との仕事は一番どうしていいか分からない。絶対、“俳優ぶってる妻夫木聡”の状態を櫻井に見られたくないし。“なに、オレ櫻井の前で仕事してんの?”って思うし。恥ずかしいというか、櫻井だけだね、あの感覚になるのは」と、櫻井との親密ぶりを語った。

 これを聞いた櫻井は「あ、そう」とうれしそうで、スタジオの有吉弘行(44)に「なんでメロメロなんだよ!」とツッコまれていた。また、櫻井のファンはツイッター上で「今までで1番の素の櫻井翔がテレビで拝めた気がする。妻夫木聡が大好きで、素でいられる存在なんだろなって伝わった」「歳を重ねてもこんなに爆笑できる友達がいるってステキ」などと、あまりテレビでは見られない櫻井の表情を見られたと喜ぶ声が多く寄せられていた。

「妻夫木聡、親友の“嵐・櫻井翔”に明かした黒歴史」のページです。デイリーニュースオンラインは、藤井隆櫻井・有吉THE夜会妻夫木聡櫻井翔有吉弘行エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧