巨人&11球団「プロ野球新戦力」格付けリスト

日刊大衆

写真はイメージです
写真はイメージです

 金満と叩かれた球界の盟主にFA補強に失敗した日本一チーム……。新加入選手の期待度を本誌が厳しくジャッジ。

 ついにプロ野球12球団がキャンプイン。オフの間に各球団が推し進めた戦力補強が、初めて“お披露目”。今季の優勝を占ううえで、新戦力は大きな要素。そこで今回は、12球団の補強を「格付け」し、その充実度を分析する。

 今オフ最高最大の新戦力といえば、やはり巨人にFA移籍した丸佳浩だろう。丸は、3連覇を成し遂げた広島の主砲にして、2年連続MVPのスーパースター。50億円超ともいわれる巨人の大型補強の中にあっても、その存在感は特別だ。「スラッガーとしての能力はもちろんですが、丸は今年で30歳とまだ若い。まさに脂が乗り切っていて、かつての小笠原、ラミレスのように、新入りながらチームを引っ張る選手となるのは間違いないでしょう」(スポーツ紙デスク)

 丸といえば、昨年に争奪戦が繰り広げられた際、ミスターこと長嶋茂雄巨人軍終身名誉監督が直筆の手紙を送り、口説いたことでも知られている。「打撃だけじゃなく、守備も走塁も優れている丸は、ミスターの好きなタイプ。監督時代は大砲ばかり獲得していたミスターですが、本当は三拍子そろった選手が好み。ミスター自身がそういう選手でしたからね」(元巨人番記者)

 昨年は“ここ一番”というところでヒットが出ず、1点差負けの試合数がリーグワーストだった巨人。丸の加入で得点力不足は解消できそうだが、原辰徳新監督は、さらなる秘策を準備しているという。それは“2番・丸”構想だ。「2番に最強打者を置くのは、今やメジャーでも主流。さらに、原監督は出塁率4割超えの坂本と丸を1番、2番に並べることで、4番・岡本の勝負強さを生かそうと考えています。この打線が完成するなら、確かに他球団には脅威となりますね」(前出のデスク)

 だが、今回の巨人の大型補強で優勝のキーパーソンとなるのは、実は丸ではないという。「巨人のカギは、ズバリ新外国人のクックです。この投手の活躍がセ・リーグを左右すると言っても過言ではありません」(スポーツ紙ベテラン記者)

 クックは今季、MLBのマリナーズから移籍した新守護神候補。救援投手として、メジャー通算17セーブ58ホールドをマーク。オールスター戦の出場経験もあり、実績は申し分ない。「150キロを超える速球に、変化球も豊富。しかも奪三振率が高く、まさに抑えにピッタリ。巨人の低迷は、リリーフ陣の崩壊のせいでもありましたから、クックが守護神として実力を発揮できるなら、巨人の独走もありえますよ」(前同)

 しかし、クックには懸念材料もある。「2016年にトミー・ジョン手術を受けて以降、まだ全盛期の力が戻っていないのは事実。日本の野球に適応できるか以前に、そこが心配ですね」(同) 長嶋監督以来の伝統でもある“勝利の方程式”の完成が、今季の巨人のポイントとなりそうだ。

■阪神タイガースや中日ドラゴンズは?

 派手な補強を行った巨人に対し、目立たないが充実度の高い補強ができたと評判なのが、昨年は最下位に沈んだ阪神だ。「阪神はFAで西勇輝、さらには昨季、中日で13勝を挙げたガルシアと、エース級の投手を獲得。今季から日本人選手扱いとなるメッセンジャーに加え、計算できる先発が一気に2枚も増えたのは非常に大きい」(球界関係者)

 地味だが期待できる。そんな阪神の補強を象徴するかのように、今年から選手よりも人気者だった金本前監督に替わり、矢野燿大新監督が指揮を執る。昨年、矢野監督は2軍を率いて、8年ぶりとなるウエスタンリーグ優勝を達成。日本一にも輝き、その手腕が高く評価されていた。「矢野監督の采配は、ひと言で言うなら“のびのび野球”。2軍時代は基本、ノーサインで、選手に自信をつけさせました。個性を伸ばす矢野監督の育成法で、不振が続いている藤浪晋太郎投手も復活するのでは……と、期待が寄せられています」(スポーツ紙記者)

 新指揮官といえば、中日も与田剛監督が新たに就任。しかし、その存在がかすむほど中日の話題を独占しているのが、ドラ1超大物ルーキー・根尾昂だ。「各メディアは自主トレの段階から根尾に群がり、連日、大きく報道。当然、球団は昨年の松坂大輔並みの経済効果を期待しているとか」(前出の球界関係者)

 根尾は合同自主トレで、すでにモノの違いを見せつけた。長距離走では他の新人選手を置き去りにし、打撃練習では鋭い当たりを連発。視察した首脳陣が改めて、その才能に舌を巻くほどだった。

「実は、ソフトバンクの王貞治会長が最も才能を買っていた新人が根尾です。ドラフトこそスカウト陣の推しで小園海斗を1位指名しましたが、王さんは“身体能力とセンスが素晴らしい”と大絶賛していました」(前出のベテラン記者)

 しかし、残念ながら根尾はトレーニング中に肉離れを起こし、キャンプは2軍スタートとなった。「ただ、ケガは順調に回復し、早期の1軍合流もありうる状況。与田監督は焦らず慎重に様子を見るようですが、まだ開幕スタメンも可能ですよ」(球界関係者)

■ソフトバンクは予定外

 次に、パ・リーグへと目を向けてみよう。まずは昨年、日本一に輝いたソフトバンク。育成を含め、19人に戦力外通告を出す一方、今オフの補強は新人以外ゼロ。選手層の厚さを感じさせるが、「これは予定外」(事情通)なのだという。事情通は続ける。

「日本一とはいえ、ペナントでは2位。西武に6ゲームも離されたことを重く受け止めるよう、親会社からお達しまであったといいます。FAで、いち早く西と浅村のダブル獲りに動いたのは、そのためです」(前同)

 だが、結果的に獲得は2人とも失敗。今季は、ほぼ昨年同様の戦力で戦うことになる。「もともとソフトバンクは12球団一の戦力を誇るチーム。補強なしでも、優勝候補であることに変わりはありません」(前同)

 今回のストーブリーグで、セの主役が巨人なら、パで一番メディアをにぎわせたのは日本ハムだろう。オリックスからエースの金子弌大が移籍、ヤクルトと2対2のトレード、加えて新外国人を3人獲得と、積極的な補強を敢行した。

「注目は新外国人の王柏融ですね。台湾では2年連続で打率4割をマークし、三冠王にも輝いた強打者。ファン人気の高いレアードと再契約しなかったのは、王を獲るからだったともっぱらです」(デスク)

 そして忘れてならないのが、ドラフト1位の“超高校級”投手、甲子園で大スターとなった吉田輝星だ。「甲子園で見せたスタミナといい、重くて伸びる速球といい、素質は文句なし。“平成の怪物”松坂のように、1年目から結果を出すのは厳しいかもしれませんが、将来性は間違いなく高い」(前同)

■楽天・石井一久GM最大のヒットは!

 そんな日本ハムに負けじと昨季、最下位に終わった楽天も、今オフに積極補強を見せた。楽天は、今季から石井一久GMが就任。ここ数年、成績が上がらないチームの改革へと乗り出し、巨人に次ぐ16人を獲得した。

「2人の新外国人は、どちらも前評判が高い。4番候補のブラッシュは、メジャーでこそ結果は残せていないものの、昨年は3Aで3割1分7厘、本塁打29本をマーク。リリーバーのブセニッツも3Aで防御率2.48という素晴らしい成績でした。外国人選手はフタを開けるまで分かりませんが、期待してもよさそうです」(スポーツライター)

 そんな中でも、石井GM最大のヒットといわれているのが、浅村栄斗の獲得だ。浅村は、2回の打点王を獲得しているパを代表する強打者。昨年も3割30本100打点をマークし、西武優勝の立役者となった。石井GMは、そんな浅村を、破格の条件を提示したソフトバンクを敵に回しながら見事、契約までこぎつけた。

「金額で勝るソフトバンクを出し抜けたのは、石井GMが西武時代に作った“人脈”のおかげ。浅村とは5年間も一緒にプレーしていますし、元同僚という信頼関係が最大の決め手だったといわれています」(前出のベテラン記者)

 石井GMの尽力で待望の主砲を手に入れた楽天は、もう一つ念願をかなえている。“チーム初の生え抜き監督”平石洋介新監督の誕生だ。昨年、成績不振を理由に、シーズン途中で梨田昌孝監督が辞任。その後は平石ヘッドコーチが監督代行を務め、オフに今季の“続投”が決まった。

「平石監督は、借金20でチームを引き継いだ後、勝率5割前後を維持。その積極的な采配は、高く評価されていました。新監督候補として球界大物OBが何人も噂されていましたが、石井GMは名より実を取ったと言えますね」(前同)

 新人、FA、トレードに新外国人と、多くの選手が動いた日本球界。補強が功を奏し、優勝をつかむのは、はたしてどのチームか?

「巨人&11球団「プロ野球新戦力」格付けリスト」のページです。デイリーニュースオンラインは、東北楽天ゴールデンイーグルス原辰徳広島東洋カープ長嶋茂雄ソフトバンクスポーツなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧