『池の水ぜんぶ抜く』大家志津香が「番組最大魚を捕獲」も、視聴率は苦戦

日刊大衆

※画像はイメージです
※画像はイメージです

 AKB48のメンバーで、“しーちゃん”こと大家志津香(27)が『池の水ぜんぶ抜く』で巨大魚を捕獲。番組記録を更新して視聴者を驚かせた。

 この様子が見られたのは、3月24日放送の『緊急SOS! 池の水ぜんぶ抜く大作戦』(テレビ東京系)でのこと。今回の放送は愛知県知事から依頼されたもので、水を抜くだけで2か月以上かかるという超巨大プロジェクトだった。

 番組MCを務めるロンドンブーツ1号2号の田村淳(45)と、大家志津香、タレントの稲村亜美(23)らは、ナゴヤドーム13個分の広さがある巨大な貯水池、佐布里池へ。そこではすでに水位が15メートルほど下がっており、魚を囲い込んだ地引網の内側でケタ外れの巨大魚が跳ねていた。

 一行は地元の人たちの声援をもらい、魚がいる水域に突入。大家志津香は「授業で地引網やってたんで、水産高校なんで!」とヤル気と自信を見せると、稲村亜美も「私、学校で一番水泳が速かったんで」と対抗し「地引網で取り逃した魚を獲りにいく」と、大家への負けん気をバチバチと燃やした。

 次々と出現する巨大魚をチームプレイで捕獲していると、この日1番の大物が出現。抱きかかえようとしても激しく暴れるため、大家が「誰かもう1人!」とサポートを求めると、ライバルの稲村が駆け寄り、2人で巨大魚を押さえつけた。最後は大家が1人で抱きかかえ、稲村が差し出したトレーへ。その正体は中国原産の外来種で、大型魚のハクレンだった。

 体を張った捕獲で、頭まで泥だらけになった大家が「やべえっす」と息を切らしていると、淳は「出たな、水産高校!」と称賛。稲村も「大家さんはスゴいです」と言って友情の握手を求めた。そして、巨大魚のサイズを計測すると、2月3日の放送回であばれる君(32)が捕獲した107センチを超える、120センチ20キロを記録。大家が番組記録を更新することとなった。

 これを見ていた視聴者は、ツイッター上で「スゲエ! ファンになりました」「本気でやってるのがカッコイイ。泥だらけでむちゃ、カッコイーです!」などと、称賛の声が送られていた。しかし、平均視聴率は今年1月2日に放送された正月特番の11.1%(ビデオリサーチ調べ/関東地区)から、前回の2月3日が7.2%、今回が6.7%と2回連続でダウン。大家の頑張りがあったものの、人気企画は飽きられつつあるのかもしれない。

「『池の水ぜんぶ抜く』大家志津香が「番組最大魚を捕獲」も、視聴率は苦戦」のページです。デイリーニュースオンラインは、池の水ぜんぶ抜く大家志津香稲村亜美田村淳視聴率エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧