亀梨和也VS山下智久「修二と彰」海外戦略の明暗

日刊大衆

亀梨和也VS山下智久「修二と彰」海外戦略の明暗

 昨年いっぱいで芸能界を引退し、ジャニーズ事務所関連会社である「株式会社ジャニーズアイランド」の社長に就任した滝沢秀明(37)。“タッキー社長”によるジャニーズ改革が進められている中、所属のジャニーズタレントたちも、新たなことに次々と挑戦している。

 中でも、最も目立っているのが、“山P”こと山下智久(34)だ。5月16日にはジャニーズタレントとしては初となる公式インスタグラムを開設し、わずか数日でフォロワー数は200万人を突破。また、中国版ツイッターのWeiboも大人気だ。

「SNSでの情報発信をはじめとする山下の動きは“海外進出”を見据えてのものです。山下は、今年1月に公開された中国・香港合作映画『サイバー・ミッション』で悪役を演じて話題になりましたが、初の海外映画出演とは思えないほど英語も中国語も使いこなしています。現在、主演を務めている連ドラ『インハンド』(TBS系)でも、流暢な英語を披露して話題になりましたね」(映画制作会社関係者)

 5月21日発売の『女性自身』(光文社)でも、山下の海外進出への意識の高さが報じられている。山下は手作りの英単語帳を持ち歩き、日々英語力を磨いているといい、さらに年4~5回のペースで渡米し、エンタメ業界関係者との交流を図っているというのだ。

「『女性自身』の記事によると、山下はハリウッドスターのウィル・スミス(50)とは家族ぐるみのつきあいで、息子で歌手のジェイデン・スミス(20)とは特に仲がよく、彼のミュージックビデオにも出演しているほど。ジェイデンからは語学や本場のエンタメについてアドバイスを受けているそうです。山下は、ハリウッドや中国を巨大な市場としてかなり意識していて、ジャニーズで最もハリウッドに近いのは山下だともいわれています」(前出の映画制作会社関係者)

■亀梨は金髪美女と英語学習?

 そんな、山下と並んで海外志向が強いのが、KAT-TUNの亀梨和也(33)だという。

 かつて、同じくKAT-TUNに所属していた赤西仁(34)は、2014年にジャニーズ事務所を退所後、ソロアーティストとして活動。翌年の2015年には中国・北京で開催された授賞式『愛奇芸尖叫之夜』で、『アジア人気アーティスト賞』と『年度音楽大賞』の2つの賞を日本人として初めて受賞し、さらにはハワイに豪邸を構えるなど、海外で成功を収めている。

「山下や赤西に触発されたのでしょうか、亀梨も英語の習得に努力しているそうです。3月22日発売の『FRIDAY』(講談社)では金髪美女2人組とのデートが報じられていますが、これもネイティブな英語を学ぶ場を求めてのことなのかもしれません。2013年9月にも『週刊女性』(主婦と生活社)が、ニューヨークの空港で亀梨と金髪美女のツーショットを報じており、2人は英語で会話をしていたとのこと。外国人美女とのコミュニケーションが亀梨流の英語学習スタイルなのかもしれませんね。外国人美女とのトークの成果か、亀梨は2015年1月に公開された映画『ジョーカー・ゲーム』で流暢な英語のセリフ、そして中国語での演技も演じ切りましたね。

 ただ、山Pはウィル・スミスの息子、亀梨は金髪美女ですから……かつてはアイドルデュオ『修二と彰』としてコンビを組んでいた2人なのに、海外戦略の現状においては、ずいぶん差がありますよね(笑)」(女性誌記者)

 海外進出でいち早く大成功を収めるのは、修二(亀梨)か彰(山下)か!?

「亀梨和也VS山下智久「修二と彰」海外戦略の明暗」のページです。デイリーニュースオンラインは、滝沢秀明赤西仁KAT-TUN亀梨和也山下智久エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧