―ペットの終活―業界No.1の実績「小さなお葬式」が僧侶による読経が含まれた定額ペット葬をスタート

バリュープレス

株式会社ユニクエストのプレスリリース画像
株式会社ユニクエストのプレスリリース画像

インターネットでセットプランの葬儀「小さなお葬式」を運営する株式会社ユニクエスト(大阪市西区/代表取締役:重野 心平)は、僧侶による読経や納骨を含む定額ペット葬「いつもこころに」を4月8日(月)からスタートいたしました。

■ペット葬「いつもこころに」スタートの背景 https://www.chiisanapetsou.com/

ペットブームと言われた2000年代前半、犬の飼育頭数はピークに達しました。そのころに変われた犬が十数年経ったいま、高齢犬となっておりペットの高齢化が進んでいます。

また2018年10月現在で、犬・猫の飼育頭数は合計1,850万頭を超え、ペットの数が子供の数を上回っています。また、環境の変化から室内で飼うケースが多くなるなどの理由から、ペットが家族の一員として育てられるようになり、ペットの家族化が進んでいます。また、犬や猫に対する支出総額も毎年増加傾向にあります。

しかし、ペットの火葬に関しては移動式の火葬車が注目を集め、納骨をせず自宅に遺骨を持ち帰る状況が多く見受けられます。

また、弊社で運営している「小さなお葬式」では葬儀の際に宗教者を手配した場合、葬儀全体の満足度が高まるという傾向もあることから、「故人を宗教的な儀式で供養したい」という方は多いのではないかと考えております。

そこで、ユニクエストではペットも家族の一員としてしっかり供養して送りたいというニーズをカバーすべく、僧侶による読経や、納骨などを含むプランを準備しました。

弊社ではペット葬でも遺骨を納骨したいというニーズを応援すべく、WEBで申込いただいた方には納骨プランを2万円引きいたします。


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSMzMTg3OSMyMjE1MjkjMzE4NzlfblpwZlJpRm9GTi5qcGc.jpg ]


■ペット葬「いつもこころに」の5つの特徴

①読経がプランに含まれている

僧侶による式中初七日法要までの読経と、法話が含まれます。

②納骨がプランに含まれている

当日に合同納骨まで行うことを主なプランとしています。

ご自宅に持ち帰る返骨ではなく、納骨ができるプランをご用意しています。

③立ち合い可能な個別火葬を行う

セレモニーを行い、さまざまな供養のご要望にもお応えできるよう、個別で火葬することを基本としています。

④15kg未満は一定料金

一般的に多く飼われている犬種の9割以上を占める15kg未満を一定料金としています。

プランが明確でわかりやすくなり、お客様に選んでいただきやすくなります。

⑤棺・生花装飾がプランに含まれている

棺(バスケット)、ご遺体が覆われる程度のお花を、プラン料金に含んでいます。


受付時間:24時間 365日対応

TEL:0120-1212-15(通話無料)


■ペット葬「いつもこころに」のプラン内容(すべて税抜)
[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSMzMTg3OSMyMjE1MjkjMzE4NzlfSG93V3dQZU1QdS5qcGc.jpg ]




提供元:valuepressプレスリリース詳細へ

「―ペットの終活―業界No.1の実績「小さなお葬式」が僧侶による読経が含まれた定額ペット葬をスタート」のページです。デイリーニュースオンラインは、ネットなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧