感涙の”名セリフ&名シーン”50年秘史!「必殺仕事人・鮎川いずみ」

アサ芸プラス

感涙の”名セリフ&名シーン”50年秘史!「必殺仕事人・鮎川いずみ」

「それで今日は、どこのどいつを殺(や)れとおっしゃるんで?」──藤田まことの代表作となった「必殺仕事人」(79~92年、ABC系)は、庶民のうっ屈した恨みを晴らして大ヒットした。紅一点の「何でも屋の加代」に扮した鮎川いずみ(64)が、思い出の場面を語る。「必殺」のシリーズに二枚目はたくさんいましたよ。三味線屋の勇次(中条きよし)に飾り職人の秀(三田村邦彦)、鍛冶屋の政(村上弘明)に組紐屋の竜(京本政樹)も...

「感涙の”名セリフ&名シーン”50年秘史!「必殺仕事人・鮎川いずみ」」のページです。デイリーニュースオンラインは、鮎川いずみ必殺仕事人週刊アサヒ芸能 2015年 11/5号カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧