【プロ野球】《2012年ドラフト会議を振り返る》逸材揃いの豊作年。鈴木誠也(広島)ら今年大躍進の大器も指名

デイリーニュースオンライン

2012年ドラフト会議を振り返る
2012年ドラフト会議を振り返る

4年前の2012年、この年のドラフト会議はメジャー挑戦を表明した花巻東・大谷翔平を日本ハムが宣言通り強行指名。春夏甲子園優勝投手・大阪桐蔭の藤浪晋太郎は4球団が競合し阪神が交渉権を獲得した。  また、大学生では東都大学リーグの通算奪三振記録を樹立した亜細亜大・東浜巨に3球団が競合。ソフトバンク・王貞治会長が当たりクジを引き当てた。  前年、前年に日本ハムの1位指名を拒否し、浪人した菅野智之は、相思相愛...

「【プロ野球】《2012年ドラフト会議を振り返る》逸材揃いの豊作年。鈴木誠也(広島)ら今年大躍進の大器も指名」のページです。デイリーニュースオンラインは、鈴木誠也野球太郎広島カーププロ野球スポーツなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧