チャーリー・シーン、HIV感染の発覚時に自殺を考えていたことを告白

デイリーニュースオンライン

 チャーリー・シーン、HIV感染発覚時に自殺を考えていた
チャーリー・シーン、HIV感染発覚時に自殺を考えていた

チャーリー・シーン(51)はHIV感染が発覚した際、自殺することを考えていたという。チャーリーは医師団によってHIVに感染していることを告げられた際、自殺することを考えたものの、母ジャネットの顔を見てその考えを改めたそうだ。  11日、『グッドモーニング・アメリカ』の中でチャーリーは「診断を受けた日、僕はすぐにでも自殺したかったんだ。でも母がそこにいたから、母の前で自殺したり、僕が死んでいる姿を母が見つけ...

「チャーリー・シーン、HIV感染の発覚時に自殺を考えていたことを告白」のページです。デイリーニュースオンラインは、チャーリー・シーンエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧