「睡眠不足はメタボの元」その仕組みを早稲田大学と花王の研究グループが解明

アサ芸プラス

「睡眠不足はメタボの元」その仕組みを早稲田大学と花王の研究グループが解明

睡眠時間が短くなると肥満のリスクが高まる仕組みを早稲田大学と花王の研究グループが解明した、というニュースが先日流れた。睡眠とメタボの研究は各研究機関が取り組んでおり、実証されているというのだ。早稲田大学スポーツ科学学術院の内田直教授によれば、「睡眠が減れば、エネルギー消費量は変わらないのに、食欲を抑えるホルモンが減って空腹感が増すため、食べる量が増え、体重も増える」 実はこうした睡眠とメタボと...

「「睡眠不足はメタボの元」その仕組みを早稲田大学と花王の研究グループが解明」のページです。デイリーニュースオンラインは、食欲メタボ睡眠早稲田大学花王カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧