目が小さい方が美しかった江戸時代?お江戸の女性が美の為に実践した方法とは…

Japaaan

目が小さい方が美しかった江戸時代?お江戸の女性が美の為に実践した方法とは…

江戸時代の書物を見ると、二重瞼の女性がいないことに気が付きます。そう、この時代は、目が大きすぎないほうがいいとされていました。江戸時代の化粧書「都風俗化粧伝」によると、目は「あまり大き過ぎるたるは見苦し」と書いてあるそう。といっても、中には、大きい目の女性だっているわけで。そんな女性たちは、ある方法を実践するのです。 目を小さくみせるテクニック! 「目八分」(めはちぶん)という方法で、自分の前八...

「目が小さい方が美しかった江戸時代?お江戸の女性が美の為に実践した方法とは…」のページです。デイリーニュースオンラインは、江戸時代豆知識化粧ヘアメイクカルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧