【相続税】国税が最も問題視する名義預金について元国税がその判断基準を解説

相談LINE

【相続税】国税が最も問題視する名義預金について元国税がその判断基準を解説

相続税の税務調査において、最も多く国税から問題にされるのは、名義預金です。本当は被相続人の預金であるにもかかわらず、配偶者や子供名義で預金を作り、名義が違うことから被相続人の相続財産から除く、という相続税対策がよく見られますが、国税は名義に関係なく、実質的に被相続人の預金と言えるのかを問題にし、被相続人のものと認定できるのであれば、被相続人の名義預金として相続税を課税することになります。 ■名義...

注目記事
「【相続税】国税が最も問題視する名義預金について元国税がその判断基準を解説」のページです。デイリーニュースオンラインは、マネーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧