2025年に65歳以上の5人に1人が認知症?!認知症同士の相続も多発?

心に残る家族葬

2025年に65歳以上の5人に1人が認知症?!認知症同士の相続も多発?

厚生労働省が発表した新オレンジプラン(認知症対策)によれば、2012年では、日本人の7人に1人が認知症患者であるとされていた。同プランにおいて、最悪の場合だと2060年には、日本人の3人に1人が認知症となると予測されている。同プランを見ると、誰もが認知症を発症する可能性を持っていると言えるのかもしれない。そう言った状況を相続に絡めてみると、かなり深刻な問題になり兼ねないと思われる。 ■被相続人と相続人のそれ...

「2025年に65歳以上の5人に1人が認知症?!認知症同士の相続も多発?」のページです。デイリーニュースオンラインは、社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧