爆死!実写版「ジョジョ」は公開前から酷評も“怖いもの見たさ”に賭けていた

アサ芸プラス

爆死!実写版「ジョジョ」は公開前から酷評も“怖いもの見たさ”に賭けていた

8月4日から公開されている映画「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」。 同名の人気マンガの初の実写化となる同作は、監督を三池崇史が務め、山崎賢人、山田孝之、伊勢谷友介、岡田将生ら旬のキャストが多数出演。公開前は、今夏最大級の話題作となっており、原作者の荒木飛呂彦氏も「予想以上」と太鼓判を押してはいた。ところが、フタを開けてみれば全国週末興行収入ランキングでは、公開から2週目で10位...

「爆死!実写版「ジョジョ」は公開前から酷評も“怖いもの見たさ”に賭けていた」のページです。デイリーニュースオンラインは、山崎賢人荒木飛呂彦ジョジョの奇妙な冒険実写版漫画エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧