生命保険を節税対策として生前贈与する際の最も賢い方法と注意点

相談LINE

生命保険を節税対策として生前贈与する際の最も賢い方法と注意点

個人が被保険者の死亡等に伴う生命保険金を受け取った場合、その課税関係は、保険料を負担する者と受取人によって、以下の通りに区分されます。 (1)保険料負担者=被保険者、保険金受取人=相続人等の場合 受け取る相続人等の相続税の対象になる (2)保険料負担者=保険金受取人以外、保険金受取人=その他の個人の場合 受け取る保険金受取人の贈与税の対象になる (3)保険料負担者=保険金受取人  保険金受取人の所得税...

「生命保険を節税対策として生前贈与する際の最も賢い方法と注意点」のページです。デイリーニュースオンラインは、マネーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧