相続税の節税目的で「一般社団法人」を検討する際に考慮すべき二つのリスク

相談LINE

相続税の節税目的で「一般社団法人」を検討する際に考慮すべき二つのリスク

相続税対策として、最も使われるスキームの一つに、一般社団法人があります。一般社団法人に個人の財産を移してしまえば、理論上、永久にその財産に相続税が課税されることがないためよく使われるのですが、このようなうまい話には当然リスクがあると言われる訳で、例えば以下のようなリスクには注意する必要があります。 (1)税制改正のリスク (2)暴挙に出る税務調査のリスク ■(1)税制改正のリスクとは 歴史を振り返る...

注目記事
「相続税の節税目的で「一般社団法人」を検討する際に考慮すべき二つのリスク」のページです。デイリーニュースオンラインは、マネーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧