あの童謡は亡くなった子供の魂をなぐさめるために生まれた?童謡にまつわる都市伝説

リアルライブ

あの童謡は亡くなった子供の魂をなぐさめるために生まれた?童謡にまつわる都市伝説

昔から子供たちの間で歌われ続けている童謡には、どこか物悲しい雰囲気や暗い内容を伺わせるものが多い。 例えば有名な「しゃぼん玉」の歌には、以下のような都市伝説が存在している。「このしゃぼん玉の歌は、魂の歌である。つまり、幼くして死んだ子供の魂がしゃんぼん玉という、はかないものに表現されているのだ」「しゃぼん玉は、子供を意味しており、『屋根まで飛んで、壊れて消えた♪』という歌詞は中絶、あるいは子供の...

注目記事
「あの童謡は亡くなった子供の魂をなぐさめるために生まれた?童謡にまつわる都市伝説」のページです。デイリーニュースオンラインは、カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧