生命保険金の受取人は相続税対策において配偶者と子供のどちらが有効か?

心に残る家族葬

生命保険金の受取人は相続税対策において配偶者と子供のどちらが有効か?

年末調整の季節がやってきた。サラリーマンに限らず、アルバイトやパートとして就業されている方も無関係ではないはずである。年末調整の給与所得控除項目として、生命保険控除がある。一定の要件を満たせば、最大で12万円まで控除を受けることができる。 ■所得税の控除は受取人が配偶者と子供のどちらであっても適用対象 さて、生命保険については、関与する人物が三種類存在することになる。契約者・被保険者・保険金受取人の...

注目記事
「生命保険金の受取人は相続税対策において配偶者と子供のどちらが有効か?」のページです。デイリーニュースオンラインは、マネーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧