法人から個人・個人から法人・法人から法人へ無利息貸付をした場合の税務

相談LINE

法人から個人・個人から法人・法人から法人へ無利息貸付をした場合の税務

前回、無利息でお金を貸した場合の取扱いについて解説しましたが、実は前回の取扱いは、貸主及び借主の両方が個人である場合の取扱いです。実は、貸主と借主、それぞれが個人か法人かで微妙に課税関係が変わってきますので、注意が必要です。 なお、個人間の場合には、無利息貸付を受けた個人について、贈与税の課税関係が発生する場合があります。 ■法人が個人に無利息貸付けをした場合 法人税は、時価課税の原則がありますの...

注目記事
「法人から個人・個人から法人・法人から法人へ無利息貸付をした場合の税務」のページです。デイリーニュースオンラインは、マネーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧