正確に理解している税理士も少ない借地権の課税問題を元国税調査官が解説

相談LINE

正確に理解している税理士も少ない借地権の課税問題を元国税調査官が解説

相続税に限った話ではありませんが、税務上、借地権の処理が問題になることが多くあります。建物などを立てるために地主から土地を借りた場合、税務上、借りた借地人は自分の土地の権利として借地権を認識することが通例です。この借地権ですが、他人間では権利金などという名目で取引されることもあります。 しかし、例えば地主が社長、借地権者(借主)が自分の経営する同族会社、といった場合、わざわざ権利金を支払うことは...

注目記事
「正確に理解している税理士も少ない借地権の課税問題を元国税調査官が解説」のページです。デイリーニュースオンラインは、マネーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧