日馬富士が「血まみれ暴行」に走った貴ノ岩の「罵声禁句」(4)朝青龍も注意した「酒グセ」

アサ芸プラス

日馬富士が「血まみれ暴行」に走った貴ノ岩の「罵声禁句」(4)朝青龍も注意した「酒グセ」

相撲協会では07年に、時津風部屋で、力士暴行死事件が起き、親方らが逮捕された。10年には横綱・朝青龍(当時)が泥酔したあげく、知人男性に暴力をふるった責任を取り、強制引退に追い込まれている。だが、そうした教訓は生かされなかった。繰り返される不祥事は、日馬富士の「体質」に原因があったこともまた事実のようで、「とにかく、酒が入ると別人になる。一人で三升を空けてしまうこともあり、とたんに凶暴な顔が出てき...

注目記事
「日馬富士が「血まみれ暴行」に走った貴ノ岩の「罵声禁句」(4)朝青龍も注意した「酒グセ」」のページです。デイリーニュースオンラインは、週刊アサヒ芸能 2017年 11/30号貴ノ岩日馬富士朝青龍相撲スポーツなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧