期限切れ欠損金が経費となるかどうかの注意点を専門家が解説

相談LINE

期限切れ欠損金が経費となるかどうかの注意点を専門家が解説

過去の赤字である欠損金は、現行制度上、将来9年(平成30年4月1日以後に開始する事業年度において生ずる欠損金額は10年。以下同じ)にわたり、黒字と相殺することができます。言い換えれば、9年超の欠損金は切り捨てられることになりますが、その例外として、一定の場合には、9年超前の欠損金(期限切れ欠損金)を経費とすることができます。 ■清算事業年度に認められることが多い この期限切れ欠損金ですが、それを経費とし...

注目記事
「期限切れ欠損金が経費となるかどうかの注意点を専門家が解説」のページです。デイリーニュースオンラインは、マネーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧