ケニア代表を躍進させた南ア人指揮官が解任 2019W杯最終予選前に波紋

ラグビーリパブリック

2
ケニア代表を躍進させた南ア人指揮官が解任 2019W杯最終予選前に波紋

悲願のラグビーワールドカップ初出場へ向け、来年6月から始まるアフリカ最終予選を控えるケニア代表だが、同国ラグビー協会は12月4日、5年間指揮を執ってきた南アフリカ人のジェローム・パーウォーター ヘッドコーチが退任すると発表した。 ケニアラグビー協会は公式サイトで、パーウォーターのこれまでの貢献に対して感謝の言葉を述べ、退任の理由については明らかにしていないが、事実上の解任とみられている。 同国メディ...

注目記事
「ケニア代表を躍進させた南ア人指揮官が解任 2019W杯最終予選前に波紋」のページです。デイリーニュースオンラインは、スポーツなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧