元国連捜査官が見た北朝鮮「ブラックホール」(3)驚きの「貨物船ロンダリング」

アサ芸プラス

元国連捜査官が見た北朝鮮「ブラックホール」(3)驚きの「貨物船ロンダリング」

「ところが、北朝鮮は締めつけが厳しくなることを想定し、オーシャン・マリタイム・マネジメント社(以下、OMM)による『船舶会社1社につき貨物船1隻のみ』という戦略を進めて目立たないようにし、さらに貨物船を香港ミラエ社のような外国企業にあてがうことで自国船を外国船に偽装。いわば貨物船をロンダリングするなど、あの手この手で制裁逃れの手口を進化させていくことになります」 結果、北朝鮮のネットワークはさらに世...

「元国連捜査官が見た北朝鮮「ブラックホール」(3)驚きの「貨物船ロンダリング」」のページです。デイリーニュースオンラインは、対北朝鮮制裁古川勝久オーシャン・マリタイム・マネジメント社週刊アサヒ芸能 2018年 2/1号国連安全保障理事会社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧