私たちはこうして末期ガンから生還した!(4)手術を受けなくてよかった

アサ芸プラス

私たちはこうして末期ガンから生還した!(4)手術を受けなくてよかった

高田芳雄さん(77)=仮名=のガン克服は、今までの人たちとは大きく違う。彼はまったく何もしない“治療法”を選んだのだ。 01年5月、60歳の時に病院の針生検(針を用いて体液や組織を採取)で前立腺ガンと診断された。そして、すぐ手術を受けなければ寿命が縮まると脅され、悩んだ。そんな高田さんに、やはり前立腺ガンを患っている友人が一冊の本を渡したのだ。96年に発売され一大センセーションを起こした現「近藤誠がん研究...

「私たちはこうして末期ガンから生還した!(4)手術を受けなくてよかった」のページです。デイリーニュースオンラインは、近藤誠がん研究所がん放置療法週刊アサヒ芸能 2018年 3/22号近藤誠ガンカルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧