【共有物分割】相続する土地が複数の相続人で共有となる場合の課税関係とは

相談LINE

【共有物分割】相続する土地が複数の相続人で共有となる場合の課税関係とは

一つの土地などについて、二人以上の者がそれぞれ持分を持つことを共有と言いますが、共有はその土地全部について、共有している者が持分に応じた権利を保有していることとされています。共有が生じる原因の一つに、相続があります。被相続人である親が相続財産として一つの土地を持っている場合、その土地は相続人である子の共有になることが多くあります。 ■共有の問題点 共有の問題点として、共有している土地などの財産(共...

注目記事
「【共有物分割】相続する土地が複数の相続人で共有となる場合の課税関係とは」のページです。デイリーニュースオンラインは、マネーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧