キリスト教伝来から繁栄まで。長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産を見に行く前に予習

Japaaan

キリスト教伝来から繁栄まで。長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産を見に行く前に予習

5月4日付けで世界遺産への登録勧告を受けた「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」。 幕末に信徒発見の舞台となった国宝・大浦天主堂をはじめ、遠藤周作の『沈黙』に登場する村のモデルになった外海の出津集落、天草四郎で有名な島原の乱の戦場となった原城跡など、全12の資産で構成されています。 日本におけるキリスト教といえば、「以後よく広まるキリスト教」で覚えた1549年にフランシスコ・ザビエルによってもたらさ...

「キリスト教伝来から繁栄まで。長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産を見に行く前に予習」のページです。デイリーニュースオンラインは、キリスト教カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧