日大悪質タックル騒動で「ミスチル」に火の粉が飛んだワケ

アサ芸プラス

日大悪質タックル騒動で「ミスチル」に火の粉が飛んだワケ

5月6日に開催されたアメリカンフットボールの定期戦で、悪質タックルをしたことで関学大QBの選手を負傷させた日大・宮川泰介選手が都内で会見に臨んだのは5月22日。「たとえ監督、コーチに指示されたとしても自分自身が『やらない』という判断をできずに指示に従ってしまった自分の弱さが原因」と、自分の責任を認めて謝罪した。翌23日、内田正人前監督と井上奨(つとむ)コーチが緊急会見を開いたのだが、悪質タックルはあくま...

「日大悪質タックル騒動で「ミスチル」に火の粉が飛んだワケ」のページです。デイリーニュースオンラインは、井上奨内田正人日本大学アメリカンフットボールMr.Childrenエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧