新馬戦スタート「2018年この新種牡馬を狙え!」(1)晩成傾向のある父とは違う

アサ芸プラス

新馬戦スタート「2018年この新種牡馬を狙え!」(1)晩成傾向のある父とは違う

ダービーが終わると同時に、新馬戦がスタートする。注目すべきは、なんといっても新種牡馬。はたして昨年のロードカナロア、オルフェーヴルのように、初年度からクラシック馬を輩出できるのか。狙いどころを選抜解説する。 まず最初に取り上げるべき種牡馬は、14年のワールドベストホースランキングで1位となったジャスタウェイ。その実績にふさわしく、登録頭数も138頭と最も多い。社台スタリオンで繋養されているように、繁...

「新馬戦スタート「2018年この新種牡馬を狙え!」(1)晩成傾向のある父とは違う」のページです。デイリーニュースオンラインは、レッドエンヴィーベルシャザール週刊アサヒ芸能 2018年 6/7号ジャスタウェイ競馬スポーツなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧